DUST MY BROOM

アマゾンで購入する

※価格は販売ページにてご確認下さい。

DUST MY BROOMをモバイルで購入する


紀香さんの大好きな写真家、菅原一剛さんの写真集

空き缶、鉄道の線路、自動車のホイール、ブラウン管、ペットボトル…青森県のリサイクル工場で撮影されたさまざまな種類のゴミの塊は、不思議な美しさを宿し、ブルースギタリスト、エルモア・ジェイムスの名曲と同じタイトルは、ジャーナリスティックな意図だけで撮影されたのではないことを示す。

全ページ見開き裁ち切りとしたリズミカルな構成で、挟みこまれた白いページも極めて音楽的。

写真家に問題意識がないわけじゃない。大量のゴミは現代社会の象徴。ただ、紋切り型の告発とは距離を置く。
普段は目をそむけているゴミに、うっとりと心を奪われる。その体験こそが、新たな視点の獲得こそが、じつは何より貴重なのだ。

「ごみ、廃材なのに、ものすごく美しかったり、リサイクルについても考えさせられる写真集なのです!!!」と紀香さんも心を動かされました。

皆さんも是非「新たな視点」を見つけてみてください。

DUST MY BROOM

アマゾンで購入する